個人指導型の塾の特徴

集中して勉強ができる環境

個人指導の塾というとマンツーマンの指導をイメージしますが、1人の講師に10人から20人ほどの生徒がそれぞれのプランに沿った自主学習を進めるというスタイルです。講師主導で進められる授業スタイルではなく、一人一人の理解度に合わせた学習のサポートをしてくれます。 同じ自主学習スタイルとしては家庭教師がありますが、個人指導の塾は集中して学習できる環境が整っているのが特徴です。自分の部屋には、ゲームや漫画など勉強の気を散らす誘惑物が溢れていますが、塾は勉強のために整えられた空間であるため勉強のみに集中できます。 また、複数の生徒と一緒に指導を受けるため、家庭教師よりもリーズナブルな料金であるのも特徴的です。

講師と生徒の相性も大切

個人指導の塾で学習するメリットは、自分で勉強する習慣が身につくことです。講師は全ての答えを教えてくれるのではなく、正解を導き出すヒントを提示してくれます。そのため自分で考える力がつき、学ぶ力を培うことができるでしょう。
自習スタイルといっても学習プランは自分で立てるわけではなく、講師によって練られます。そのため、それぞれのレベルに合った学習ができるのです。周囲から学習の遅れを感じていたり、勉強に集中できないなどの悩みを抱えている生徒に合っている方法です。
学習プランややる気を出させる指導など、個人指導の塾は講師の質に大きく左右されるところが多いため、生徒と講師の相性も重要になる学習スタイルでもあります。