子供によって伸びやすい学習方法が違う!

学校以外に塾に通わせる意味

子どもがいて、日々の学習について不安を覚えたり、あるいは受験を見据えた学習をしていきたいと考えた場合、塾に通わせようと考えるのが一般的でしょう。塾には講師が大勢の生徒に対して授業を行う集団塾、個別に生徒と向き合って指導を行う個別塾があります。学校の教師は学習指導以外にも、生徒の生活指導や事務作業に追われており非常に多忙であることが圧倒的です。それに比べて塾の講師は学習指導に専念できる環境にあり、教える事のプロフェッショナルであることを職業としています。同じ学習内容であっても教える事のプロである塾講師から学ぶことで、学校の教師の説明では分からなかった内容がスムーズに理解できるようになることは多々あるのです。

子どもの個性に合った塾を選ぼう

一般にイメージされる塾というと集団塾のイメージが強く、子どもを塾に通わせようと思った場合にまず候補となるのも集団塾かもしれません。通っている人が多く評判の良い集団塾に通わせておけば安心と思うかもしれませんが、本当に大切なのは子どもの性格や個性に合った塾を選ぶことです。塾には、同じ集団塾であってもテストが多く周囲と競う雰囲気のある塾、生徒が指名される塾などそれぞれカラーがあります。周りと競うよりマイペースで学習したい子や人前で発言するのが苦手な子がそういった塾に通っていては、ストレスとなってしまい学習効果も上がらないかもしれませんし、分からない点があったらすぐに質問したい子には個別指導の方が向いているかもしれません。